Kalakasan Summer Camp 2018

August 11-12 Summer Camp at Yamakita, Ashigarakamigun, Kanagawa Prefecture

Participants: 18 KALAKASAN mothers and members; 13 children; 11 KALAKASAN youth; 4 staff members; 5 volunteers and 6 friends

Exodus traffic for Obon holiday week slowed down our travel to our destination. For lunch we stopped at a parking area near Tanzawa Lake Dam to eat our bento lunch.
Check-in at Sasakozawa Bungalow at 1:00 pm. The afternoon was then spent playing and getting wet in the shallow river stream by the campsite. Mothers prepared for BBQ supper which was ready by 6:00 pm.

After supper, we went up to a level area of the campsite and had fun around a campfire. We started with Tanko bushi bon odori and continued on with modern dances to Filipino dance music. As the fire was dying down, marshmallows on sticks were distributed to roast in the campfire.
Campfire was followed by kakegori 🍧after which the mothers continued their dancing while the youth gathered for their social night.

After breakfast the next morning, many trooped to play and get wet in the river until mid morning when we had to get ready to leave the campsite. Before leaving, we had the treat of nagashi-soumen to enjoy with fried chicken, cucumbers, tomatoes, and watermelon.
As is our custom, we celebrated the August birthdays. A cake was brought to camp and we sang Happy Birthday for 4 people of KALAKASAN.

Before heading for home, we stopped at nearby Buna no Yu onsen where we could take hot baths to warm and clean ourselves from the cold river and rainy morning.
We headed home around 2:00 pm and again Obon holiday traffic slowed us down and we reached our home ground KALAKASAN office at Kashimada Church at 5:30 pm.

This year is a historic one for KALAKASAN. One KALAKASAN youth volunteered to oversee reservations and networking with the campsite and our volunteer drivers. One of the volunteer drivers was another KALAKASAN youth. And another KALAKASAN youth with skills in English and Tagalog became the bridge between the Filipino mothers and staff and the bi-cultural, Japanese-speaking youth to facilitate our team efforts at organizing the camp event.
We are grateful to all volunteers and friends who made this year’s Summer Camp possible.

◇ ◇ ◇

8月11-12日 サマーキャンプ、神奈川県足柄上郡山北町

参加者:カラカサンのお母さんとメンバーら18名、子供13名、カラカサンの若者11名、スタッフ4名、ボランティア5名と友人6名

お盆休みの帰省ラッシュのため、私達の旅はゆっくりとしたものになりました。昼食は丹沢湖ダム傍のパーキングエリアに停まり、弁当を広げました。それから午後1時に、笹子沢バンガローにチェックインしました。午後はキャンプ場内の浅瀬でびしょ濡れになって遊ぶことに費やしました。お母さん達は夕食のバーベキューを準備し、午後6時には仕度が出来ていました。

夕食後は、キャンプ場の開けた場所でキャンプファイヤーを囲み楽しみました。私達は炭坑節で盆踊りを、それからフィリピンのダンスミュージックで現代風のダンスを踊りました。
キャンプファイヤーの次はかき氷です。お母さん達がダンスを続ける傍ら、若者達は集まって交流を深めました。

次の朝は、朝食後から出発時間のお昼近くまで、大勢が川遊びを楽しみました。出発前に、流しそうめんが振る舞われ、付け合わせにはフライドチキン、きゅうり、トマト、そしてスイカがありました。
また、私達恒例の行事として、8月生まれのメンバーの誕生日を祝いました。ケーキが用意され、四人のカラカサンメンバーのために私達はバースデーソングを歌いました。

帰宅の前に、私達は近くのぶなの湯温泉に立ち寄りました。温泉で川の水と朝の雨で冷えた体を温め、体を奇麗にしました。
帰りは午後2時頃に出発しました。再びお盆休みの渋滞に巻き込まれ、鹿島田教会のカラカサン事務所に到着したのは午後5時30分になりました。

今年はカラカサンにとって記念すべき年になりました。一人のカラカサンの若者がボランティアとして名乗りを上げ、キャンプ場の宿泊予約やボランティアの運転手の方々との連絡を監督したのです。
運転手としてもカラカサンの若者が一人参加しました。また、別の若者は英語とタガログ語のスキルによって、フィリピン人のお母さんとスタッフ、そしてダブルの子供達の架け橋になりました。日本語を喋る若者は、このイベントへ向けての準備を手助けしました。
私達は、今年のサマーキャンプ実施にご協力いただいたボランティアの方々と友人方に感謝いたします。

This entry was posted in Uncategorized, 未分類. Bookmark the permalink.